Monochrome Passage

kv492.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

米アカデミー賞 2012

a0062758_2359185.jpg

今年のハリウッド、アカデミー主演女優賞は、大方の予想通りメリル・ストリープ。実力的には当然でしょうし、3度目のオスカーとは立派。でも、いまひとつ、「おんな」としての凄さがないというか、滋味がないというか、淀川長治さんが言われていたように、リリアン・ギッシュにゃかないませんな~、な感じはします。
さて次は4度目のオスカー、どうでしょうね。

a0062758_013937.jpg

唯一のオスカー4回受賞者 キャサリン・ヘプバーン

なんか、似てきたような・・・。

by kv492 | 2012-02-29 23:55 | 音楽/映画/演劇
2012年 02月 28日

お店番

NEX7_2012-02-28_005
(NEX-7, Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)

たばこ屋さんには、おばあさんとネコがよく似合いますね(^.^)。

by kv492 | 2012-02-28 19:18 | 街撮り-群馬
2012年 02月 27日

ミラーレス機用カメラバッグ その2(Golla+α)

今回は、Golla社の新製品 RAZO です。
Golla Camera Bag RAZO G1269
ミラーレス機用と言うにはかなり大きいサイズで、フルサイズのDSLRですら収まってしまいます。

Golla RAZO / G1269

メイン気室には、バッテリーグリップとEF24-105mm F4 Lを付けたEOS 5D Mark II と
EF70-200mm F4 L IS とスピードライトが収まったうえ、ご覧のようにまだ余裕があります。
なんでこんなものをというと、「iPad2を一緒に入れたい」からです。

Golla RAZO / G1269

前面にフラップがあって、それの内側に、大きなポケット(マチなし)とiPad収納用のポケットがあります。

Golla RAZO / G1269

メイン気室の詰まり具合次第ですが、iPadに厚手のカバーをつけると窮屈なので、風呂の蓋(^.^)
だけにしています。

Golla RAZO / G1269

で、メイン気室はこんなふうに小分けして、NEX-7とレンズ3本、予備のメモリーとバッテリー、お掃除
道具を入れています。他のバッグに入れ替えることもあるので、付属のパーティションではなく、
ビック★カメラ女子部プロデュースのバッグインバッグ(結構使いでありますね)で小分けします。

Golla RAZO / G1269

メイン気室はまだ3分の1以上空きがありますが、そこには別のカメラを入れても良し、本やら、街歩き
中に調達したものやら入れても良し。

Golla RAZO / G1269
Golla RAZO / G1269
Golla RAZO / G1269

あとは、フラップの前面と、ボディの背面、サイド(片側だけ)にもポケット、さらにはメイン気室に隠し
ポケットが2つ。カメラ機材以外にもいろいろ持ち歩きたい者としては、お腹いっぱい(^0^)の仕様
です。もちろん、さっと持ち上げる時用の取っ手もついてます。

Golla RAZO / G1269

Gollaお馴染みの、底のクッションも健在。

このカバンの素材は、軽い撥水性のある、かなり柔らかい生地で、内側にクッション素材が取り付け
られています。それも柔らかいので、肩から下げた時身体になじみ、下げ心地はかなり良いです。
重さも、何故かメーカーのWEBには記載がないですが、図体のわりにはかなり軽量で、700から
800gくらいではないかと思われます。ドンケのバッグを今風にアレンジし直した感じでしょうか。
因みに、メイン気室は、幅・高さ・奥行きとも、ドンケF-2のメイン気室とほぼ同じです。F-2用の
インサートをつけてみたのが次の写真です。

Golla RAZO / G1269

ストラップの取り付け部やバックルがあまり頑丈そうではないので、重い機材を詰め込むのはおすすめ
できませんが・・。

売価は、6980円、先日のPORTERの3分の1くらいですね。売り切れの店舗が多いようですが、
大いに頷けます。

by kv492 | 2012-02-27 21:53 | 写真・カメラ
2012年 02月 25日

ミラーレス機用カメラバッグ その1(吉田カバン)

今日は予定していた撮影行が雨で中止になりましたので、少々機材ネタを。
吉田カバン ポーター タンカー カメラバッグL
吉田カバンのカメラバッグです。去年の春に発売され、かなり話題になったものなので、ご存じの方も
多いことと思います。4シリーズ(S/Lサイズ)の8モデルありますが、これは最大の収納能力のある
ポーター・タンカー・ カメラバッグLです。

PORTER TANKER Camera Bag L

メインの気室はこんな具合で、SONNARをつけたNEX-7がぴったり収まります。さらに交換レンズを2本
入れても余裕があります。あるいは、交換レンズ1本とレンズをつけたボディをもうひとつというのも可能
で、この写真では、50mm SummiluxをつけたM7やM9が収まるようにパーティションを合わせています。

PORTER TANKER Camera Bag L

このバッグの良いところは、カメラ関係機材以外の収納も配慮されているところで、正面に3cmくらいの
マチをとったポケットがあります。手帳や新書本、定期入れなどが収められます。

PORTER TANKER Camera Bag L

TANKERシリーズお馴染みの小ポケットもあり。ここには、目薬やキーホルダーをよく入れてます。

学生時代からずっと、一眼レフを使うのは、その能力が最大限発揮される動きもの撮りと考えてます
ので、街撮りには小さいカメラを持ち出します。レンジファインダー機や高級コンパクト機、最近は
いわゆるミラーレス機も。街を歩くのは、大体が徒歩と電車での移動で、また、写真を撮るのだけが
目的ではないので、機材以外のものの収納力がないバッグは、私の場合NGです。ドンケのF-5も
カメラ用としては良いバッグと思うのですが、機材以外の収納スペースが小さいので、ほとんど
使っていません。

PORTER TANKER Camera Bag L

これは背面側。
このバッグのもうひとつの特長は、上蓋が、手前側が開くようになっていることです。この方が、レンズ
交換時や、取り出す時にカメラを落とす危険が減るし、下げているときにカバンの中が見やすいので、
良い設計だと思います。
ニコンが、このシリーズのSサイズのものをモディファイして、Nikon 1向けバッグとして販売して
いますが、何故か一般的な外側が開くタイプに変わっています。業界きっての「気の利く」ニコン
らしからぬことに、なんでーとうなってしまいます。

by kv492 | 2012-02-25 22:33 | 写真・カメラ
2012年 02月 22日

人形の家-新町ひなまつり

NEX7_2012-02-22_017
(NEX-7, Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)

市内で、家庭で飾らなくなったひな人形を集め、町の施設や店舗に飾る催しがあるので、行って来ました。

NEX7_2012-02-22_012
NEX7_2012-02-22_011
NEX7_2012-02-22_009
(NEX-7, E 30mm F3.5 Macro)

これらは、町に寄贈されたのが昭和のはじめということですので、作られたのは大正か明治か、
少なくとも100年くらいはたっているようです。
こうしてみると、最近の人形の顔は、どこかマンガチックですね。

NEX7_2012-02-22_007
NEX7_2012-02-22_008
NEX7_2012-02-22_005
NEX7_2012-02-22_014
(NEX-7, E 30mm F3.5 Macro)

とはいえ、目のある場所は、本物の人間と同じ(上下方向では中央)感じですが、よく見ると、やや大きく
描かれているものもあるようです。
写真などで人の顔を見ていると、時々ふっと、目ってさほど大きくないのだなと気づかされることがあり
ますが、大きい印象を普通持ちますね。

NEX7_2012-02-22_002
NEX7_2012-02-22_003
(NEX-7, Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)

目は口ほどにものを言い・・・。

by kv492 | 2012-02-22 23:55 | Minolta/Sony
2012年 02月 21日

好天続く

NEX7_2012-02-19_001

先週、風花の舞った日がありましたが、相変わらず好天続き。近所の小学校も、学級閉鎖になる
クラスが相次いでいるそうです。この天候ではねえ・・。

NEX7_2012-02-19_002

NEX7_2012-02-19_003

長男の本命校の受験日が今週の末。娘には、インフルエンザにかかったら、即刻実家送りと明言
していますが、強風のなか、平気で遊びにでかける始末。どうなることやら(^_^;)。

NEX7_2012-02-19_004

(以上 NEX-7, Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)

NEX-7には、5N用の外付けEVFと同じアイカップが付属していますが、固くて目の周りが痛くなるし、
スクリーンが少しケラれるほど深いです。外して撮っていますが、この天候では周囲の光が入ってきて
撮りづらい。何か別の良いアイカップはないものか・・・。

by kv492 | 2012-02-21 22:39 | Minolta/Sony
2012年 02月 18日

X-Pro1 の印象

注)一部文言を変更し、追記をしています(2012/2/19)

いよいよ X-Pro1が発売されましたね。
個人的には、この秋のフォトキナで、ライカの新製品やニコンD4の廉価機が出ると予想されるので、
購入の予定はないのですが、気になっていることがあったので、お客さんが少なくなった時間に、
いじってきました。

気になっていたのは、近距離(数10cm以内)の被写体を撮る時のAFとブライトフレームの動き。
透視ファインダーのカメラというのに、レンズの仕様を見ると、最短撮影距離は、18mmが18cm、
35mmが28cm、60mmが26.7cm。近距離を撮る時は自動的にEVFに切り替わるんだろうと
勝手に予想していました。何か秘策でも、という淡い期待もなくはなかったですが・・・。
で、それを確認したのですが、残念ながらOVF表示のままで、あっと驚くウルトラCもなし。

透視ファインダーの場合、たいてい、数10cm以内のところは、パララックスがひどくて使い物に
ならないので、技術的には可能でも、寄れるようには作らないのが普通ですが、それをやって
しまったようですね。

どんなことになるかは、いじっていただければ一目瞭然ですが・・・
最初は、ピント無限遠の位置に、ブライトフレームとAFポイントが表示されています。その状態で
AFポイントを、ピントを合わせたいところに合わせAF起動(シャッター半押し)。
AF合焦したところで、実際に写る範囲のところにブライトフレームは移動、AFポイントもピントを
合わせたところに移動(つまり、指定したところではピント合わせしていない)します。
ピント位置が近いほどこのずれが大きく、35mmレンズでは、ブライトフレームはファインダーの
端の方まで、AFポイントもブライトフレームの端近くまでいきかねないくらいです(^_^;)。
X100と同じ動きですが、あれは通常撮影では最短80cmで、135判35mm相当の広角なので、
ずれは相対的に小さく、たいして問題にはなりませんでした。

当然こうなるというものなんですが、一眼タイプしか知らない人には、トラブルと見られてしまうかも
知れませんね。
作り方どうだったかな~と思います。

それ以外は、OM-Dあたりとは毛並みの違う、素性の良さそうなカメラだけに、あまり変な騒ぎに
ならないことを祈りたいです。

追記
再度確認したところ、マクロ・モードにすると自動的にEVFに切り替りますね。被写体までの距離が、
ずれが出そうな近さでしたら、さっさとマクロモードにすればいいのかなと思います。


by kv492 | 2012-02-18 23:05 | 写真・カメラ
2012年 02月 17日

タイムラグ 四方山話

スナップの話をくどくどしてしまいましたので、ついでにタイムラグの話題です(しつこい)。
何をやっているかは一目瞭然と思いますので、まずはテストの写真をご覧下さい。

Time lag of the monitor - Nikon 1 V1
Time lag of the monitor - Nikon 1 V1

Nikon 1 V1 の背面液晶が、どのくらい遅れて表示されるか、表示タイムラグとでも言いましょうか、を
簡便に測っているところです。
おおよそ 60m秒の遅れがあることがわかります。

次は、見にくいですが、Nikon 1 V1 のEVFです。

Time lag of the EVF - Nikon 1 V1
Time lag of the EVF - Nikon 1 V1
Time lag of the EVF - Nikon 1 V1
Time lag of the EVF - Nikon 1 V1
Time lag of the EVF - Nikon 1 V1

50m秒から70m秒の間で、多少ぶれがありますが、平均すると50m秒台。
この数字が、実際問題としてどんなものかはピンときにくいと思いますが、最近のDSLRでの最短のレリーズタイムラグ(シャッター全押しから露光開始まで)が、D3XやD3S、D700の40m秒といえば、多少はイメージできるかも知れません。

比較の意味で他の機種もちょっと

Time lag of the monitor - GRD IV
Time lag of the monitor - GRD IV

GRD IV は、130m秒から140m秒のあたり。
DSLRやコンデジ、一部を除いたミラーレス機もだいたいこんなもののようですが、私のようないらちな者が
スナップするには気になるレベルで、外付けの光学ファインダーが付けっぱなしになるのはこのせいもある
と思います。

Time lag of the monitor - DSC-HX9V
Time lag of the monitor - DSC-HX9V
Time lag of the monitor - DSC-HX9V
Time lag of the monitor - DSC-HX9V
Time lag of the monitor - DSC-HX9V

DSC-HX9Vは、コンデジなのに優秀ですね。平均ではNikon 1 V1 と互角なくらい。ただ、時々ふっと
遅いことがあるようです。理由はわかりませんが。

Time lag of the monitor - NEX-7
Time lag of the monitor - NEX-7
Time lag of the monitor - NEX-7

最後はNEX-7。30m秒というのは抜群ですね。ただ、DSC-HX9Vと同じく、時々ふっと遅いことがある
ようです(それでも70m秒くらいですが)。
ソニーが胸を張るのも頷けます(AFがいまいちなのは忘れないでね)。

とはいえ、光学ファインダーは 0m秒とみなしてよいくらいですから、早いと言ってよいものやら・・・。

by kv492 | 2012-02-17 14:32 | Nikon
2012年 02月 15日

スナップシューター Nikon 1

_DSC2136.jpg

私の撮るものは大きくふたつあります。ひとつはスポーツやイベントなどの動きもの。これは、キヤノンのFEから始め、一時α7700やフォーサーズに寄れた時期もありますが、ニコン、キヤノンの一眼レフで40年とちょっと撮ってきましたし、これからもそのままだろうと思います。
もうひとつは街撮り、スナップで、こちらは一眼レフは使わず、レンジファインダー機と、Contax T や TC-1
などの高級コンパクト機をメインにしてきました。この用途でDSLRを街に持ち出すことはまずありません。
まあ、F3は今やコンパクト機(^0^)ですから、たまに持ち出しますが。

_DSC2149.jpg

_DSC2152.jpg

デジタルでスナップシューターというと、私もご他聞に漏れず、GRDシリーズが最強と思っています。今持っ
ているGRD IVが4代目(天使版も含めると5台目)ですが、チャンスを逃さない即写性では、群を抜いてい
て、なかなか並ぶものがないですね。X100やGXR A12 は画質ではかなり上にいきますが反応が緩い。
GF1+20mmは結構良い線まで行きましたが、レリーズタイムラグが大きいのと、時々見ていた素顔の
歪曲と色収差の多さに、「だまされている」感がどうしても拭えず、1年半愛用した後、突然、ああもう
いやだと熟年離婚(^0^)。

_DSC2155.jpg

_DSC2157.jpg

その GRD IV の牙城に今一番迫っているのが、この、Nikon 1 + 10mm F2.8 のセットではないかと
考えています。合焦速度は、ピント合わせのためのレンズの移動距離にあらかた依存するもので、移動
距離が同じであれば、理論的には位相差AFの方がコントラストAFより4倍くらいは速い。
実際、位相差AFで、レンズ移動距離の小さいこの 10mm レンズでの合焦速度は相当のものです。
シャッターボタンを半押しした瞬間に合焦マーク点灯。タイムラグが見えない・・・・(^_^;)。

_DSC2161.jpg

_DSC2164.jpg

さらに、電子シャッターであれば、NEX-5N, NEX-7 の電子先幕シャッターと同じで、レンジファインダー機
並みの短いレリーズ・タイムラグ。一気押しした時のスピードは、フルプレス・スナップ時の GRD IV をすら
凌いでいるかも知れませんね。FPシャッターにしたとしても、既存のミラーレス機ではピカ一思われます
(というか、M43が長すぎ)。

_DSC2165.jpg

_DSC2173.jpg

(以上 Nikon 1 V1 + 1 Nikkor 10mm f/2.8)

GRD信者としては、由々しい事態です(^_^;)。

by kv492 | 2012-02-15 23:55 | Nikon
2012年 02月 12日

路地裏と100年建築

L1011534.jpg

ドライな写真が続きましたので、多少はウエットな被写体を。

L1011529.jpg

L1011517.jpg

高崎市の旧市街地は、第二次大戦の敗戦間際、空襲にあいました。それでも、隣の前橋市ほどには
壊滅的でなく、焼け残った家が点在しています。

L1011524.jpg

L1011539.jpg

古いものですと、明治時代からの家もあります。100年建築ですね。
小学生になるまで住んでいた家は焼け残った一帯にありましたので、この路地や家並みは、子供の頃見た風景そのもののように感じられます。

L1011530.jpg

(以上 Leica X1)

そう言えば、本郷館はもう更地になってしまったそうですね。学生時代、是非住んでみたいと思ったものですが。解体が始まってから3回ほど本郷界隈には行きましたが、本郷館はつい避けてしまいました。見ておいた方がいいんだろうとは思うのですが。

by kv492 | 2012-02-12 23:55 | Leica