Monochrome Passage

kv492.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 30日

総選挙

今日は、総選挙の日。昼食前に投票はすませました。
a0062758_2262556.jpg

雪だるまがかわいい、三宅雪子候補者の選挙事務所の、投票が締め切られる直前の様子です。
この選挙事務所は自宅から100mくらいのところで、いつになくにぎやかです。

高崎は私が生まれる前から保守王国で、中選挙区の頃は、福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三と三横綱がそろっていて(^_^;)、全くの無風区。二世の代の今は、ぶつからないよう選挙区が分かれ、どこも無風状態、おそらく日本一つまらない(^0^)選挙区です。
しはいえ、今回は、1ヶ月前に決まったばかりの三宅雪子氏が、福田前総理相手に善戦しているようです。与党にはすごい逆風ですね。
しばらくニュースに釘付けです。

by kv492 | 2009-08-30 21:59 | 日々のこと
2009年 08月 29日

E-P1 with Summar

_8290989
(E-P1, Summar-L 5cm f/2)

今日は、Jupiter よりさらに古い Summar 5cm を E-P1 と持ち出してみました。

_8290965

_8290981

(E-P1, Summar-L 5cm f/2)

お硬いレンズ好きの多い我が国ではがらくた扱いされることも少なくない、軟調なレンズですが、山崎磨きを施してあるので、ピントの合っているところはそこそこシャープに写りますし、色も出ないわけではありません。
ただ、手元のものだけかも知れませんが、何故か絞ってもあまり深度が深くなってくれず、正確にピント合わせしないと、ピン甘の山になります。なので、動きものを撮るのには気をつかうのですが、予想以上に難儀でした。

_8290983
(E-P1, Summar-L 5cm f/2)

DMC-G1 では、EVFだし、拡大表示の切り替えがスムーズにでき、ずっと楽でしたが、E-P1では、液晶で拡大表示してもあまり見えが良くなく、扱いが難しい感じです。Hektor 7.3 cm もたぶん同じことになりそう・・・。

お口直し

by kv492 | 2009-08-29 22:03 | その他のメーカー
2009年 08月 26日

大森

_8260914
(E-P1, M.ZD 17mm F2.8)

午後から大森で打ち合わせでしたので、昼食後に移動しながら軽く撮影です。

_8260912

_8260911

(E-P1, M.ZD 17mm F2.8)

昨日から、仕上がり設定は NATURAL に変えてます。

_8260918
(E-P1, M.ZD 17mm F2.8)
色にじみは、相変わらず出てきます。やはりレンズの問題でしょうね。これがなければ、悪くないレンズだと思うのですが・・・・。

こんなものに参加中です。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by kv492 | 2009-08-26 23:55 | 街撮り-東京
2009年 08月 25日

E-P1 ストラップ

a0062758_23342784.jpg


E-P1 のお色直しはしましたので、ついでにストラップも、というはなしです。
ずっと、ハンドストラップをつけていたのですが、このカメラ、アイレベルで撮るのはむずかしく、普通のコンデジのように、両手を伸ばして構える撮り方をせざるを得ないかと思います。そうなると、フレーミングを安定させることからも、ネックストラップが良いだろうということで、付け替えました。
このストラップの特徴は、リングや留め具を使わずに、革だけでカメラに取り付けることです。

正面図
a0062758_23452896.jpg


背面図
a0062758_23461463.jpg


ストラップの先端が細くなっているので、それをボディの吊りカンに通し、さらにストラップに開けられた穴何カ所かに通すだけです。これで意外としっかり取り付けられます。
以前このストラップで、Rolleicord を4年くらいぶら下げてましたが、使ってみないことには、強度のほどはわかりませんので、しばらく使って様子見です。
革はとてもソフトで、それでいて強度はあるので、このくらいの大きさ重さのカメラには合うのではないかと思います(もともとはM型ライカ用に作られたものです)。取り付け/取り外しが楽で、長さ調整も簡単なので、私の使い方にはもってこいです。

興味のある方は、このブログの Web Links の欄にある Leicatime というのが製造元ですので、ご参照下さい。
ストラップの他に、いろいろなカメラ・ケースがあり、今まで使った限りでは、どれも素晴らしいものでした(少々高価ですが・・・)。特に、ライカSL2用ケースなどは、純正品よりもはるかに良い出来映えで、このケースがあるからこのカメラは手放せない、なんて本末転倒なことになりそう(^0^)です。

by kv492 | 2009-08-25 23:55 | その他のメーカー
2009年 08月 24日

E-P1 夕方~夜撮影

Wall art in Yurakucho
(E-P1, M.ZD 17mm F2.8) Lightroom 2 で補正

夜、知人と銀座で待ち合わせがあり、少々早く着いたので、ほとんどやっていなかった夕方の撮影をしました。
ISO-Auto では、わりあい早く感度が上がってしまう感じでしたので、上限は 400 に押さえておきました。

Yurakucho

Yurakucho

(E-P1, M.ZD 17mm F2.8) Lightroom 2 で補正

このレンズの特徴と思われる、盛大なエッジ部の色にじみは、Lightroom 2 の「フリンジ抑制」でだいぶ軽減されるようです。そうなれば、14-42mmのズームよりは写りは良くなりますね。

こんなものに参加中です。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

夜も

by kv492 | 2009-08-24 23:55 | その他のメーカー
2009年 08月 23日

E-P1 お色直し

a0062758_038336.jpg


昨日、仕事に出る途中ビックカメラに立ち寄り、E-P1貼り革キットを購入、少し気分転換してみました。多少はレトロな感じになったでしょうか(^0^)。ホールディングの仕方によっては滑り止めになるし、さほど高価なものでもないので、しばらくつけたままでいこうと思います。

パンケーキ・レンズが頼りない出来映えで、常用するにはストレスが溜まりそうなので、知人より借用した M.ZD ED 14-42mm F3.5-5.6 を軽く試写してみました。

On Stage

After Stage

After Stage

(E-P1, M.ZD ED 14-42mm F3.5-5.6)

どれも焦点距離は 42mm、絞りは開放です。さすがにこのクラスのズームでは、こんなものでしょうね。パンケーキ・レンズのような色にじみはほとんどないようですが、写りはただの硝子といった感じ。個人的には、もう少し価格が上がってもいいから、描写力のあるレンズが欲しいです。

また、人工芝の芝目がモゴモゴにしか見えないのは、レンズのせいよりも、ボディの限界でしょう。
これをしっかり写し出すには、フィルムなら6×6判、デジタルならM8か、2000万画素超フルサイズの解像力が最低でもないと無理と思いますので、フォーサーズに求めるのはお門違いでしょう。
にしても、ノイズ多いなあ。気持ちの悪いノイズではないけれど・・・。

こんなものに参加中です。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ついで

by kv492 | 2009-08-23 23:35 | その他のメーカー
2009年 08月 22日

開演間近

_8220731
(E-P1, M.ZD 17mm F2.8)

今日は、15:00から仕事、1年ぶりくらいの幕張です。
歩くのは遅い方ではないのですが、二人連れの女性にさっと追い抜かれました。映画が始まりそうなのですね。

時々おじゃまするブログに、おじいちゃんが赤ちゃんをだっこする写真がアップされていました。
とても素敵な写真で、長男が生まれた時のことなども思い出されて、じ~んときました。
私はどちらかというと女の子の方がよかったのですが、「男だ男だ」と言って喜んでいた父の顔。あの時、写真撮っておけばよかったなあと思います。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by kv492 | 2009-08-22 23:55 | 写真・カメラ
2009年 08月 20日

主語がない

最近読んで、面白かった本です。

a0062758_031020.jpg


学生時代、三上章著の「象は鼻が長い」で日本語の不可思議さに目を開かされて以来、日本語関連の研究書は好きで、いろいろ読んできました。
要は、日本語には、欧米語の文法で教えられるような「主語」はない、という理論です。
三上章氏のような問題提起はよいのですが、だんだん先鋭(過激?)化して、「主語廃止論」のようなものまで出てきているのにはいささか辟易としていました。だいたい、英語にだって仮主語(例えば、 It rains の it や Thera is ...... の there)のようなものもあるし、それらとどう違うのか。なかなか理路の整った本がありませんでした。
この月本洋氏の本は、もちろんまだ仮説ですが、とても筋の通った説明と思いました。脳科学の成果も踏まえて、言語-認知-身体の関連性を冴えた手さばきでリンクさせ、日本語で主語が省略される頻度の高いことを説明しています。とても納得させられました。

皆様もご一読、と言いたいところですが、真っ当な学術本で、それなりに前提知識がないと何のことやらになってしまうので、とっかかりの一冊と考えていただいた方が良いかも知れません。

ところで、某政党のマニフェスト、見事に主語がありませんでしたね。あれは、日本語の特性というよりも、あとで責任を取らされずにすむよう綿密に書かれた文章としか受け取れません。
そんなありさまで「責任!」と言われても・・・・。

by kv492 | 2009-08-20 23:55 | 書物
2009年 08月 19日

サブPC故障

Red balls
(MP, Elmar-M 90mm f/4 triplet, SUPERIA PREMIUM 400)

一昨日の晩、寝ようとしたところ、使っていたサブ機のPCが突然不調になりました。画面表示が崩れ、色合いもおかしくなり、どうもビデオ・カードが原因のようです。パーツ単位で取っ替え引っ替えしてきた自前組み立てで、CPUとマザーボードはもう5年以上使っているので、この暮れにはノートPCにしようかと考えていました。
ビデオ・カードを替えれば動くだろうとはわかったものの、バスがAGP。まだいくつかはAGP用のカードはあり、RADEON HD にでもと思ったのですが、マザーボードが古いし、大丈夫かいなと。
調べるのも面倒になってきて、結局、ノートPC化を前倒しすることに。
M9が出てくるかもというのに、痛い出費だなあ(/_;)と憂鬱な今日この頃です。

写真はこの前の週末に撮ったものです。この Elmar は45年くらい前のレンズですが、とにかくスカっとしたシャープさで、被写体を生々しく描き出してくれますね。とても好きなレンズです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by kv492 | 2009-08-19 23:55 | コンピューター関連
2009年 08月 17日

50mm パンフォーカス

Nihonbashi
(E-P1, Biogon T* 2.8/25 ZM) 絞り F8 ; 焦点距離 5m

今日から仕事です。休暇は土日含め4日間で、いろいろ行事があったので、あまり休めた感じがしません。
夕方に箱崎からモバイル・オフィスに打ち合わせのため移動、その途中で、試してみたかった 25mm Biogon で撮ってみました。135判の50mm相当の画角で、どこまでパンフォーカスにできるかというもくろみです。

Yaesu
(E-P1, Biogon T* 2.8/25 ZM) 絞り F8 ; 焦点距離 2m

計算では、HD は 5.2m ですので、遠目の場合は焦点距離は 5m 、接近戦では 2m に固定して撮りました。
遠目はほぼOKでしたが、寄った場合は、2枚目のように、焦点距離はもっと短くしないといけなかったです。むしろ目測の方が良いかも・・・(/_;)。とはいえ、そこそこ深度はあるし、パンフォーカスにしてバシバシはいけそうな感触です。

Nihonbashi

Nihonbashi

(E-P1, Biogon T* 2.8/25 ZM)

この2枚は普通にピントを合わせています。
この明るい状況下では、ピント合わせは難儀でした。視力は1.5ありますが、E-P1の液晶ではフレーミングがやっと。GRD3のあの良質な液晶が是非欲しいところです。また、MFアシストの拡大画面を呼び出すのが「OK」ボタンで、位置、大きさが????なので、DP1/DP2並みに往生しました。G1の方がはるかに、撮り手のことが考えられていますね。

さて、このレンズは、一連のコシナ製ツァイスZMマウント・レンズの中でも、とりわけ高性能で評判になったもの。M8 や、E100VS, PROVIA, VELVIA50, DELTA100 などのフィルムで撮ると、冴え冴えとして恐ろしいほど切れ込みの良い写りをするレンズです。
今日の結果では、M.ZUIKO 17mm のような色にじみや画像の乱れはないですが、全体にノイジーで、どこかモゴモゴした感じが抜けない写りなのは残念です。ストレスたまりそう。

アート・フィルターかけてお気楽に撮るのがよいのかなあ、カラースコパー 25mm の方が似合うかも・・、その他その他、悩ましい(/_;)。

おまけ

by kv492 | 2009-08-17 23:55 | その他のメーカー