Monochrome Passage

kv492.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 09日

D700 つづき Impression

今日は朝から千葉の顧客で打ち合わせ。
昼過ぎから移動、耳の薬を医者に取りに行き、そのあとはモバイル・オフィスで提案のまとめ。
医者の時間待ちに、ニコンのショールームに寄った。
D700が既に何台か置いてあり、実際にさわってみれた。関心のある方は是非立ち寄られたし。
私の勝手な印象は、
・ファインダーはさすがに見やすい。視野率は撮ってみないとだが、まあいいだろう。
・大きさはさほどでもないが、予想していたよりもやや重い感じだが、ホールディングはしっくりくるので、まあ良し。
・シャッターの切れは良く、シャッター音も「らしい」機械音。
・ミラー・ショックは十分小さく抑えられている。
・反応は機敏で、あいまいさがない。
カタログ・スペックには出てこない、いじって初めてわかる、道具としてのしっくりくる感じ、機械としての精密感、確実に反応してくれる信頼感みたいなものの作り込みは、さすがニコン。ライカもそうだが、操作することを快感にすら感じさせるところが、他のメーカーにはなかなかまねのできないところだね。
性能がどうの、センサーがどうしたこうしたなんて、枝葉末節だよと、改めて思わせる風格がある。

SL_2008-02-1009
(SL, Summicron-R 50mm)

D700ベースで、マニュアル・フォーカス機ができると最高なんだがなあ・・・。できれば、F4くらいまでのボディ・サイズで。

by kv492 | 2008-07-09 23:00 | Nikon


<< ストラップ      DP1 と RGBモード (ひ... >>