Monochrome Passage

kv492.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:DP2 ( 28 ) タグの人気記事


2009年 07月 23日

モノクロ現像

SDIM0669
(DP2)

今日ようやく、先週末に撮ったモノクロ・フィルムの現像出しに行って来ました。
家の近くでは、モノクロ現像をやってくれるところがなかなかなくて、ビックカメラやキタムラでも、外注になり、納期10日前後です。HCLもモノクロ現像は若干納期が延びましたが、1~2日。頼りになります。

DP2 はこのところモノクロ専用機化しつつあります。Lightroom が対応したとはいえ、救いがたく色が転ぶことはあるし、画像自体が妙な崩れ方することもあります。DP1 よりは改善されたとはいえ、他社のカメラと比べたら、ずば抜けて不安定ですね。
画質に一番悪影響があるのはローパス・フィルターだろうということは、PhaseOne のデジタル・バックやライカの M8 でほとんど実証されていますので、三層センサーでなくてもいいので、ローパス・フィルターのないカメラが出てこないものだろうかと思います。そうなれば、FOVEON のような色再現がめっぽう不安定なものをわざわざ使う必要なくなりますので。

崩れた画像

by kv492 | 2009-07-23 23:55 | その他のメーカー
2009年 07月 07日

梅雨の晴れ間

SDIM0643
(DP2)

今日は暑い一日でした。
昼休みに、食事がてら、週末に撮ったフィルムを現像出しに京橋まで歩きましたが、かなり汗をかきました。カメラを持ち出し忘れたので、先週のものです。この日も暑かった・・。

by kv492 | 2009-07-07 23:05 | その他のメーカー
2009年 07月 02日

SIGMA Photo Pro 3.5.2 (Windows版), SIGMA Photo Pro 3.3 (Macintosh版) リリース

SPPvsPS

SIGMA Photo Pro の新しいリリースがアップされていました。Windows版だけですが、導入して試してみたところ、だいぶ問題だったところが改善されています。

上のスクリーンショットで、左側が SPP のプレヴュー画面、右側は現像結果のTIFFファイルを Photoshop で開いたところです。若干、色合いの違いはありますが、ほぼ WYSIWYG になったと言ってもよいだろうと思います。これなら、SPP だけでも、かなりのところまで調整できそうです。
WYSIWYG とは、コンピューター業界の方ならご存じと思いますが、What you see is what you get (見ているものが得られるもの)という意味で、特にグラフィカルなユーザー・インターフェースを作る際に、最重要な設計概念です。20年くらい前から数年、これを推進するため、設計手法や標準化、実装用ライブラリーの作成などを主要な業務のひとつとしていたので、SPP3.5.1 のありさまには唖然としてしまいました。20年前のレベルだよ、これはと。
改善されたのだから、めでたしですが。

その他気づいたところは。

1)調整設定「オート」の改善
  3.5.1 までは、「オート」に設定すると過度に軟調な絵になり、使いようがなかったですが、
  3.5.2 ではコントラスをむやみに下げないため、わりあい普通の絵になります。
2)色かぶりの自動補正?
  3.5.1 までは、グリーン系に転ぶ傾向が多少ありましたが、若干目立たなくなっています。
  カラー調整パレットをあちこちクリックしてまわる徒労が減りそうです。

残念ながら、バッチ現像した場合、XMPプロパティの CreateDate がセットされないことがある(結構な確率で出ます)問題は解消されていないようです。

by kv492 | 2009-07-02 23:58 | その他のメーカー
2009年 06月 25日

DP2 Firmware 1.02 / Lightroom 2.4

SDIM0636
(DP2, Firmware 1.02, LR2.4)

DP2 のファームウェアが 23日付けで V1.02 に更新されています。
ここには書きませんでしたが、一昨日に適用し、昨日の午後試写して来ました。耳にたまった水を抜くために行ったお医者さんの界隈です。
ざっと撮った限りでは、AFのはずすことは少なくなった感じです。暗いところではあまり試していませんが、日中であれば、かなり安心して使えるレベルと考えてよいようです。
もうひとつの改良点である「MF モード時の拡大表示方法の変更」もGOODです。だいぶ操作性が良くなった思います。
今後も、地道な改善をお願いします。

この日に撮ったショットは全て、Lightroom 2.4 で現像しました。
こちらは、ほとんどプレヴューの見た目どおりの現像結果になりますので、安心して調整できます。

その他の現像結果

by kv492 | 2009-06-25 21:43 | その他のメーカー
2009年 06月 14日

DP2 and Adobe Camera RAW

SDIM0570-ACR
(DP2, Adobe Camera RAW 5.4RC で現像)

6月7日にアップしたイメージの別バージョンです。
Adobe Camera RAW 5.4 のリリース候補版で現像処理しています。
変なソフトを使わない限り、いろいろ調整すれば、最終的な出力はほぼ同じものが得られるでしょう
から、現像ソフトで重要なのは、
1 操作性
2 出力に要する時間(現像スピード)
3~8 該当なし
9 出力画質
と考えています。
操作性については、「こうしたい」という操作がわかりやすく整理されていることや、操作に対する
レスポンス(結果)が正確であることや、操作した結果がすぐ確認できること、などが重要で、
オフィス・ソフト初心者向けに言われる「直感的に操作方法がわかる」ということはさして重要
ではないと思っています。マニュアル読めばいいことですから。
SPPをACR(Adobe Camera RAW)と比較すると、1、2はACRの足下にも及ばない
ですね。以前、SPPを、「直感的に操作方法がわかる」ので使いやすいと評したライターが
いましたが、オフィス・ソフトじゃないんだから、と苦笑するよりなかったです。パソコン系
雑誌のライターくずれだから・・・(以下自粛)
今回アップしたものは、多少、以前のものとは仕上がり(特に色合い)が異なってますが、
ACRでの出力の方が、意図したイメージに近く、しかもほとんどが1分くらいで処理できて
います。SPPだと数分は試行錯誤した(途中でや~めたなものもあり)のを思うと雲泥の差
です。

残りのイメージ

by kv492 | 2009-06-14 23:21 | その他のメーカー
2009年 06月 07日

花菖蒲

SDIM0570
(DP2)

今日は朝から快晴でしたが、長男の同級生が、学園祭の準備作業中に、飲酒運転の車にひき逃げ
される事件があり、落ち着かない気持ちで午前中はうだうだしていました。
煙草は人類の敵になりましたが、どうみたって、酒や自動車の方が実害が大きいと考えるの
は誤りなんでしょうか。もちろん、害ばかりを取り上げて考えるべきではないとは思います
けれど。
梅雨入りも間近、好天の休日もしばらくないかも知れませんので、午後からは市内の公園に
花菖蒲を観に(撮りに)行ってきました。

SDIM0579
(DP2)

さほど本数が多いわけではありませんが、池を囲んで何種類かの花菖蒲が植えられています。
運動公園の中にありますので、子供連れのグループも集まって来ていました。

今日のお伴は、Elmarit-R 90mm 付きの R7 で、ネガを2巻、ポジを1巻撮りました。
DP2 も持って行ったのですが、ほとんど撮らず。風があったので、レスポンスの良い
R7 を多用しただけのことで、他意はないのですが、出番のほとんどなかった DP2 が
怒ったのか、どうだと言わんがばかりの写りをしてくれました。
昨日は絶不調だったのに、おもしろいものです。

SDIM0571
SDIM0577
(DP2)

ネガからも少々

by kv492 | 2009-06-07 23:32 | その他のメーカー
2009年 05月 27日

Capture One 4.8.1 リリース + DP2 Firmware 1.01 リリース

C1-481-screen

今日、Capture One の新しいバージョン V4.8.1 がリリースされていました。
日本語対応した V4.8 のマイナーリリースで、例によって、通常版、Pro 版、DB 版同時です。

おそらく Windows 版だけと思われますが、V4.7 から発生していた、現像パラメーターが
読み取られないバグが解決されています。私の環境では、この問題が起きるため、4月初め
からずっとV4.6 のままでしたが、これでようやくリリースアップできます。

PhaseOne 社のサポートとは、この問題で3週間ほどいろいろなテストをしてやりとりし、
今月の13日に、Capture One のトラブルと開発部隊が判断、フィックス作成となった
ものです。それから2週間ですから、まあ良しでしょうか。
「Color - Vivid 1」 のスタイルが、「OLYMPUS DIGITAL CAMERA」と Caption にセット
してしまうバグも合わせてPhaseOne 社に連絡しましたが、こちらはすぐにフィックスされて
いました。

同じ問題で悩まれている方には、適用されることをおすすめします。

ついでながら、Windows Vista のサービスパック2も今日リリースされたようです。
マイクロソフトのサービスパックを出てすぐ適用するのが自殺行為であるのは、NT3.1 以来の
由緒ある伝統ですので、こちらはもちろんスキップです。

DP2 Firmware 1.01 リリース

by kv492 | 2009-05-27 22:58 | コンピューター関連
2009年 05月 24日

Adobe 製品の DP2 サポート

Adobe Photoshop Camera Raw 5.4 plug-in の release candidate 版が公開されています。
今回の変更の目玉は、新しいカメラのサポートで、ハッセルの H システム18機種に加えて、
下記のカメラがサポートされるようになりました。
* Canon EOS 500D (EOS Rebel T1i)
* Epson R-D1x
* Kodak EasyShare Z980
* Nikon D5000
* Olympus E-450
* Olympus E-620
* Panasonic Lumix DMC-GH1
* Sigma DP2

これと合わせてLightroom も対応するでしょうから、近いうちに、オンボロなSPP を使わず
ともよくなりそうです。良かった。

by kv492 | 2009-05-24 14:01 | その他のメーカー
2009年 05月 23日

和菓子屋さん


SDIM0552
(DP2)

以前は通勤時に前を通っていた和菓子屋さん。
通勤ルートが変わって5年、久しぶりに通ってみたら、値段が変わっていませんでした。

by kv492 | 2009-05-23 23:52 | その他のメーカー
2009年 05月 22日

DP2 の現像と仕上げ


SDIM0511
(DP2)

DP2 の現像処理は、いまのところ Sigma Photo Pro でしかできません。
これまでも書いてきましたが、これがなかなかにお間抜けなソフトで(^0^)、いろいろ弱った
ことがありますが、やはり一番困るのが、プレヴューと現像結果が食い違いすぎることです。
明るさは、1~1.5EVくらいは確実に異なっていますし、色味も往々にして異なり
ます。
なので、SPPで仕上げようとすると、
    SPPで調整/現像  -> 現像結果ファイルを Photoshop などで確認
  ->SPPで再調整/現像 -> 現像結果ファイルを Photoshop などで確認
を延々繰り返さざるを得ません。
最近はもう堪らないので、SPPでの調整/現像は、まあこんなもので、というところで
やめ、TIFFで出力、それを Photoshop で細かく調整する手はずでやっています。
この方がだいぶ楽ですし、うまく仕上げられます。
Lightroom あたりに、早く対応して欲しいものです。

by kv492 | 2009-05-22 23:31 | その他のメーカー