Monochrome Passage

kv492.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

まるごと SIGMA DP1 ブック

今日はモバイル・オフィスで説明会の準備。午後からだんだん晴れてきて、夕方には気持ちよく晴れ上がっていた。
昨日届いた「まるごと SIGMA DP1 ブック」を行き帰りの車中で読んでいた。
各氏こぞって絶賛、ご同慶の至りだが、正直それほどのものかという気もする。個人的には、もう5万円くらい高くなってでも、操作性は平均レベルにしてほしかった。単に動作が遅いというよりも、操作した時の反応がビビッドでないのがどうしても気になる。
AEもAFもないバルナック・ライカでも、使い慣れるとそこそこスムースに撮れるようになるが、DP1では慣れてもそうはいかない。あれえ、となってはやり直すことが少なくない。まあ、ここまでは、撮る時のことだから、そういうものと割り切ることもできるのだが・・・。撮った後の、妙なかぶりと色味をレタッチして補正しなければならないのは、なんとかしてちょうだいである。

IIIf_2008-06_011
(Leica IIIf, Elmar-L 5cm F2.8)

APS-C のセンサーをコンパクト・カメラのボディに押し込んだ「歴史的な」というのは、今のDP1の価格なればこそだろうし(技術面よりはマーケティング面でのブレークスルーでしょう)、このタイプのマーケットが確立/成長したあかつきには、「先鞭をつけたDP1は未だ完成度が低く使いやすいものではなかったが、それを大幅に改良したモデルが各社からも続々と開発されることで、高級コンバクトデジタルのムーブメントが定着し・・・・」なんて歴史の書かれ方になるんだろうなと思う。Contax T も Rollei35 も、もっと完成度高かったぞ(値段も高かったけれど)。
人柱やるのは、実は好きなんで、結構楽しんでいたりするのだけれど・・・・(^0^)。

by kv492 | 2008-06-30 22:21 | その他のメーカー
2008年 06月 29日

雨の一日

今日は一日雨。
撮りためたフィルムが6巻手元にある。私の住んでいる地方都市だと、モノクロの現像は1週間から10日くらいかかるので、いつもその週(といってもほとんど週末だが)に撮った分を、翌週の月曜か火曜に東京のプロラボに出す。E-6は当日仕上げ可能なラボが1ヶ所あるが、受付終了が早いので、時々お世話になるだけ。東京は恵まれているなあ。

IIf_2008-06-15_007
(Leica IIf, Summar 5cm, Neopan ACROS)

昔、父が押し入れ暗室で現像をやっていたのを真似て、定年すぎたら家でモノクロの現像をやってみたいなどと思っみたりもするが、この雑な性格では無理かな・・(^^;)。

by kv492 | 2008-06-29 23:10 | Leica
2008年 06月 28日

FOCA 引退写真

雨は降らないがはっきりしない天気。疲れがたまっているので、特にでかけることはせず、昼食時にエルマー付きのIIfを持ち出し、家の近所を軽くスナップしただけ。この組み合わせは沈胴させると、小さなショルダーバッグにも収まるので、最近、コンパクト・デジタル以上に持ち出すことが多い。
帰り道に以前から気になっていたチーズ専門店に立ち寄った。いろいろお話をうかがい、モツァレラ・チーズとブルー・チーズの一種を購入。おいしそうなので楽しみだ。
Foca の引退記念に、パリで撮ったものを探したが、すぐに見つからなかったので、発病する前のものから。

FOCA-UR_2007-12-23_008
(Foca Universal R, Oplarex 50mm F1.9)

アンジェニューのような強い個性も変哲もないかも知れないが、個人的にはおフランスで購入したものなので、愛着がある。

by kv492 | 2008-06-28 23:55 | 写真・カメラ
2008年 06月 27日

FOCA 引退

26、27日は、実質的には、上半期の締めなので、何かと慌ただしく、かなりバタハタしていた。帰宅しても更新する気力もなく爆睡状態。
入院中だったFOCAが帰宅していた。
a0062758_1221758.jpg

低速と1/100秒、1/200秒のあたりが不調だったのだが、危惧していた通り、パーツがなくて修理が困難とのことだった。
なので、10数年連れ添った仲だが、引退して自宅療養させることにした。
このカメラ、バルナック型ライカのコピーと言われるが、ニッカやソ連製のような「デッド・コピー」としか言いようのないものと違って、いろいろ工夫のあとが見られる。巻き上げはレバーだし、距離計窓がレンズの真上にある。またレンズ・マウントは独自のバヨネット方式で、基線長もバルナック型ライカよりおそらく長い。背面の蓋が外れるので、フィルムの装填も楽である。
レンズをLマウントに改造して、ライカのボディでセカンド・ライフをなどと企んでいる。

ご苦労様でした。

by kv492 | 2008-06-27 23:55 | 写真・カメラ
2008年 06月 25日

フィルム・シミュレーション

今日は終日藤沢の顧客で、打ち合わせとシステム・テストの支援作業。写真どころではなかった。
今月の初めに撮ったものを、DxO社の FilmPack でいたずら、TriX 風にしてみた。

L1007469
(M8, Summicron-L 50mm thorium)

個人的には、仕上がりも結構それらしく良い感じになるし、こういうものがあってもいいんじゃないかと思って楽しんでいる。もともとフィルムの粒状感などは長年親しんでいるし。

ところで、学生時代、某音楽評論家の先生に、雑誌で悪く言われていたレコードを、ベーム指揮のライブだと言って聴かせたところ、なかなか良い演奏だとおっしゃられた。そればかりか、ブラインドで、演奏家当てなどやると我々の方が好成績だった。
以来、音楽評論やオーディオ評論のような印象批評のたぐいは、先入観でものを言っているからと信用していないのだが、この FilmPack なども、どの程度ブランド・テストで見抜かれるものだろうか。

by kv492 | 2008-06-25 22:05 | Leica
2008年 06月 24日

梅雨の晴れ間

今日は梅雨の晴れ間。久しぶりに湿気も少なく気持ちの良い青空も拝めた。
しかし、一日藤沢の顧客のため、残念ながらカメラは携帯せず。腰の方は痛み止めと湿布でだましだましの出勤。30分おきくらいには立ち上がって腰をのばさないと痛くなる状態。
M3_2008-06-20_022
(M3, Summicron-M 50mm, Neopan ACROS)
今日はCoolBizのスタイルだった。

by kv492 | 2008-06-24 22:43 | Leica
2008年 06月 23日

本日も休養

先週来の腰痛がとれず、今日は治療に。週明けの整形外科は、お年寄りの患者さんがたくさんおり、私くらいの年齢でも若者になってしまう。順番待ちで延々すわっているうちに、腰の具合はより悪化してしまったようだ。
やはり、古傷のある背骨のところが炎症していて、安静要とのことなので、今日も休養。メール・チェックしては横になりを繰り返した一日だった。
M3_2008-06-20_011
(M3, Summicron 50mm, Neopan ACROS)

by kv492 | 2008-06-23 21:04 | 写真・カメラ
2008年 06月 22日

完全休業

今日は昨日以上に天気も体調もぱっとしない。こういう日は完全休業と割り切ってごろごろし続けた。
SL2にフィルムが残ったままだったのに気付き、昼食時に残りを撮影。それを現像に出しに行った時の一枚。
_0010379
(GR Digital II)
傑作をものしようなんて気がさらさらないので、このくらい写れば十分とも思う。
ファームウェアをアップしたDP1のリベンジはまた先送り。

by kv492 | 2008-06-22 19:15 | 写真・カメラ
2008年 06月 21日

本日お休み

今日は体調も天気もすぐれず、これといって外出せず。本を読んだりしてだらだらすごしている。
長男が赤ん坊の頃のフィルムが、かなり褪色が進み、そろそろリペアしておかないと危ない状態なので、10巻ほどスキャン。疲れた・・・。カラー・ネガのもちの悪さはたまらないな。
M3_2008-06-20_002
(M3, Summicron 50mm, Neopan ACROS)
だからということばかりではないが、35mmでは、今年は9割以上モノクロ・フィルムばかり使っている。写真らしいしね。

by kv492 | 2008-06-21 21:40 | 写真・カメラ
2008年 06月 20日

六本木 #4

今日は一日モバイル・オフィスで、提案書作成。
赤エルマー付きのIIfをカバンに入れてあったが、あまり撮る機会なし。
先週、六本木のオフィスに移動中の一枚。
IIf_2008-06-13_007
(Leica IIf, Elmar 5cm F3.5 red scale, Neopan ACROS)
このあたりは、「あの」六本木とは思えない閑静な住宅地だ。夜に通ったら怖いだろうなきっと(^0^)。

by kv492 | 2008-06-20 22:59 | 写真・カメラ