カテゴリ:Pentax/Ricoh( 27 )


2013年 07月 13日

GR with Capture One V7.1.3 - 1

Capture One も V7.1.3 では GR に対応したようですね(リリースノートには明記されていませんが)。

_R000204

_R000288

_R000286

DxO Optics Pro は、まだまだ使いこなせていませんで、Lighting はほぼオートまかせのため、
コントラストが低め。Capture Oneは慣れているので、露出を切り詰め気味し、コントラストを上げて
います。

_R000318

_R000361

_R000240_C1

(以上 GR)

梅雨時に撮ったものなので、どよんとしたものばかりですが、ご容赦のほど。

by kv492 | 2013-07-13 09:51 | Pentax/Ricoh | Comments(2)
2013年 06月 26日

GR with DxO Optics Pro 8.2 - 6 桐生-3

桐生編最終回です。

_R000333_DxO

_R000349_DxO

_R000358_DxO

_R000360_DxO

_R000361_DxO

高崎や前橋はバブル病の被害甚大で、粗大ゴミかよという身の丈に合わない豪勢な建物(庁舎とか)
が鎮座していてますが、桐生は被害は大きくなかったようですね。

GRで撮ったものは、こちらにまとめてありますので、関心のある方はどうぞ。

by kv492 | 2013-06-26 00:00 | Pentax/Ricoh | Comments(0)
2013年 06月 25日

GR with DxO Optics Pro 8.2 - 5 桐生-2

桐生編のつづきです。

_R000321_DxO

_R000324_DxO

_R000328_DxO

私の住んでいる高崎とはだいぶ違い、落ち着いた佇まいの街です。安吾や中上健次が気に入っていたというだけのことありますね。

_R000332_DxO

_R000334_DxO

_R000336_DxO

つづく。

by kv492 | 2013-06-25 00:00 | Pentax/Ricoh | Comments(0)
2013年 06月 19日

GR with DxO Optics Pro 8.2 - 4 桐生

所用で行ったついでに、桐生を歩いた時のものです。

a0062758_0333255.jpg


a0062758_03258100.jpg


a0062758_0341041.jpg


a0062758_0343482.jpg


桐生は、私の住んでいる高崎に比べると、ぐっと落ち着いた空気のある街です。

a0062758_0361113.jpg


a0062758_0371334.jpg


a0062758_0384280.jpg


a0062758_045299.jpg



桐生編、つづきます。

by kv492 | 2013-06-19 00:00 | Pentax/Ricoh | Comments(2)
2013年 06月 18日

GR with DxO Optics Pro 8.2 - 3

a0062758_2351315.jpg

Original Size
JPEG original

a0062758_23525112.jpg

Original Size
JPEG original

a0062758_23533081.jpg

Original Size
JPEG original

a0062758_23542043.jpg

Original Size
JPEG original

a0062758_23544489.jpg

Original Size
JPEG original

RAWから現像したものと、同時に記録したJPEGファイルのリンクも追記しましたが、
場所、被写体の脈絡ありません(^_^;)。悪しからずご容赦のほど。

つづく。

by kv492 | 2013-06-18 00:00 | Pentax/Ricoh | Comments(0)
2013年 06月 16日

GR with DxO Optics Pro 8.2 - 2

GR のつづき。今度は銀座?です。

_R000174_DxO
original size

_R000180_DxO
original size

_R000183_DxO
original size

DxO Optics Pro のレンズ補正はONにしてあります。なので、歪曲は気持ち悪いくらい消えてしまっています(^_^;)。

_R000194_DxO
original size

_R000196_DxO
original size

_R000197_DxO
original size

_R000204_DxO
original size

つづく。

by kv492 | 2013-06-16 09:40 | Pentax/Ricoh | Comments(0)
2013年 06月 11日

GR with DxO Optics Pro 8.2 - 1

_R000099_DxO
original size

_R000101_DxO
original size

_R000098_DxO
original size

発売日に購入していたのですが、ようやくお披露目です。

_R000106_DxO
original size

_R000108_DxO
original size

JPEG出力もなかなか良いのですが、DxO Optics Pro が早くもGRに対応したので、RAW現像で。

by kv492 | 2013-06-11 00:00 | Pentax/Ricoh | Comments(2)
2011年 09月 15日

GXR A12 MOUNT - 4th day

a0062758_23491089.jpg
ちょっと間が空きましたが、GXR A12 MOUNTの4日目はこのレンズ。Leica(Leitz)の、Hektor-L 2.8cm f/6.3 です。
ご覧の通り、F3.5 の Elmar 5cm を沈胴させた状態とほとんど同じ形をした、元祖(?)広角パンケーキ・レンズです。1935年から1955年まで販売(製造は53年まで?)されており、私のものは、シリアルがわからないのですが、1950年代の製造と思われます。
約20年もの間作られ続けたのは、ヒットしたから、ではなくて、当時のライカは広角レンズを作るのが得意でなく、これの後継レンズをなかなか出せなかったからで、1955年に Summaron 28mm f/5.6 に取って代わられ引退となります。
玉の大きさはQちゃんの 「01 STANDARD PRIME」とほとんど変わらないくらいと、かなり小さいです。
前口上はここまでとして写りの方は・・

GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3)
GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3)
GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3)

フィルムやM9などで撮ると、中央部はよく解像して、しっかりとした写りをするのですが、周辺部にいくほど甘く、樹木のような細かい絵柄のものがあるとはっきりと解像力の低下が見えるくらい落差が大きいです。
GXR A12 MOUNTですと、性能が低下し始めるあたりでトリミングされているので、まさに「いいとこどり」になってます。フィルムやM9でははっきり見える周辺減光も、ほとんど目立なくなります。

GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3) 絞りF9、距離9フィート
GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3) 絞りF9、距離9フィート
GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3) 絞りF9、距離9フィート

このレンズの被写界深度目盛りによると、絞りF9、距離9フィートに合わせると、4.5フィートくらいから無限遠までが被写界深度に収まります。ふだんは、DIIIにつけ、この絞りと距離の設定で、スナップに徹してます。それと同じ撮り方をしたのがこの3枚。
EVFや背面液晶に悩まされずにすむので、がぜん撮りやすくなりますね。

GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3)
GXR A12 MOUNT - 4th days
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 2.8cm f/6.3)

このレンズ、80年近く前に設計されたものですが、ご覧の通り歪曲収差は少ないですね。フィルムやM9で撮ってもそうです。もちろん、M.ZD 17mm ビー玉のソフト補正された結果より優秀(^0^)。
しかもフルサイズ対応(爆)。

高感度画質も優れたGXR A12 MOUNTをメイン機として使う場合、常用レンズの最有力候補のひとつかも知れませんね。

by kv492 | 2011-09-15 23:55 | Pentax/Ricoh | Comments(6)
2011年 09月 11日

GXR A12 MOUNT - 3rd day

a0062758_901196.jpg
現代のレンズ、黄金期のレンズときて、3日目は戦前までさかのぼります。
Hektor-L 7.3cm f/1.9。第三帝国が最も勢いのあった頃に製造されたものです。木村伊兵衛が、著名人のポートレートを撮るのに常用したレンズでもあります。


_0010791.jpg
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞り開放

大絞りでは、ご覧の通り、ほとんどソフト・レンズ(^0^)です。
この状態では、フォーカスアシストを使っても、ピント合わせの歩留まりは、やはり良くないです(20%以下くらい)。RF機ならば、当然ながら問題なく合うのですが。

写り方もあるので、フィルムやM8, M9でも、たいていF6.3くらいまで絞って撮っています。


_0010819.jpg
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞りF6.3

_0010859.jpg
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞りF6.3

3枚目、露出ミスです、すみませんm(__)m。
このレンズも含め、古~いレンズは概して全体のコントラストが低く、ヒストグラムで見ると、下の方も上の方もかなり空いています。レンズが、取り込んだ光をぎゅっと濃縮しているような感じ。そのぶん、ハイライトのとびとシャドーのつぶれは少ないです。これを、階調が崩れない程度にレベル補正すると、救われるケースが多いです。


GXR A12 MOUNT - 3rd day
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞りF6.3 Lightroom 3.4.1で現像

これならば、看板娘にもなんとか許してもらえそうです(^0^)。
今回も、4以外は全て、補正なし、色調はデフォルトのJPEG出力をアップしてますが、シャープネスや階調、コントラストはあまりいじらず、いわばHi-Fi(死語?)な絵作りにしようとしている姿勢が見られます。ただし、色の出方は、「このレンズこんなに色乗ったっけ?」と思うことがしばしば、やや強調しているように感じられます。ベルビアを詰めたと思えばいいのかも知れませんね(^0^)。

巨匠のポートレート・レンズですので、なじみの爽さんの看板娘(+α)を続けて。

GXR A12 MOUNT - 3rd day
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞りF6.3
GXR A12 MOUNT - 3rd day
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞りF6.3
GXR A12 MOUNT - 3rd day
(GXR A12 MOUNT, Hektor-L 7.3cm f/1.9) 絞りF6.3

O君、あて馬にしてごめんなさいm(__)m。

by kv492 | 2011-09-11 23:55 | Pentax/Ricoh | Comments(0)
2011年 09月 10日

GXR A12 MOUNT - Second day

a0062758_8105096.jpg
GXR A12 MOUNT の二日目は、このレンズ。Super-Angulon-R 21mm f/3.4 です。
R-D1やM8, M8.2, M9 などをお使いの方は先刻ご承知のとおり、デジタルでは大いに悩まされるレンズの代表選手です。主立った悩みを上げると
1)周辺光量がドドンと元よりさらに落ちる。
2)周辺部に色がかぶる(シアン系が多い)。
3)AEが効かない。

1,3は救う方法がまあありますが、困るのは2。Capture One のレンズ補正機能が多少使えるのですが、色かぶりしたところ以外の色も変化してしまうので、役立つのは1割もないよなあという感じ。以前、M9とC-Biogonの記事で書いた通りです。
これの原因は、レンズ後玉が撮像面に近いところまで出っぱっており、センサーへの光の最大入射角が大きいこと、換言すると、テレセントリック性が悪いことにあります。
R-D1の頃はまだまだでしたが、センサーは改良され、30度くらいの入射角はほとんど問題がなくなっているようですが、45度以上とかなるものには、さすがに対応し切れていないようです。
GXR A12 MOUNT ですと APS-Cサイズにトリミングされるのだし、さてどんなものかなと・・。

GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)
GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)

まず、AEが効きますね!TTL測光のメカニズムが、R-D1やライカと違うので、それによる恩恵でしょう。
今回は、JPEG出力をそのままアップしていますが、どれも、補正(周辺光量、ディストーション、色シェーディング)はOFFにしています。それでも目立った周辺減光も色かぶりもないようですので、センサーで十分調整されているように思われます。
Super-Angulon でもR型用はM型用と比べ、20cmまで寄れる特長があります。ただし、ミラーアップ必須なので、GXR A12 MOUNT は好適ですね。俄然使いやすくなりました。

GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)
GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)

このレンズ、中央部はシャープに解像し、周辺ほどほわほわになっていく特徴がありますが、それがよく現れていますね。(というのもあるけど、ほとんど片ボケだな、この個体)

GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)
GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)
GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)

ローパスフィルターレスだけあって、解像力が高く、レンズの特性がストレートに表れてきますね。
ライカ・マウントのレンズが使えるわけですから、ぴたっとピントが合って撮れれば、M8にも迫る画質の写真が期待できるでしょう。

GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)
GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)
GXR A12 MOUNT - Second day
(GXR A12 MOUNT, Super-Angulon-R 21mm f/3.4)

ところで、ピント合わせですが、昨日使った Summilux-M 35mm ASPH. は、フォーカスアシスト機能を使って、だいぶ歩留まりは良く(50%くらいかな)なりましたが、このレンズではなかなかピタっとは合いません。より広角だからなのか、レンズの特性によるのか、原因は判然としませんが、もう少し確認しようと思います。
実用的には、ゾーン・フォーカスというか、ハイパーフォーカル・テクニックでやれば問題ないと思いますが、個人的にはそのためにGXR A12 MOUNTを使いたいのではないので、ちょっと微妙です。

それにしても、9万円程度のボディで、この画質が得られるというのは、恐ろしい(^0^)ことですね。危険きわまりない禁断の果実。
もし、ライカマウント・レンズで遊ぶためにミラーレス機を買われた方がおられましたら、これに換えられることを強力にお勧めします。絶句するくらいの差はありますから(爆)。

by kv492 | 2011-09-10 23:55 | Pentax/Ricoh | Comments(4)