Monochrome Passage

kv492.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Minolta/Sony( 23 )


2013年 06月 09日

NEX-7 街歩きセット - 60mm F2.8 DN - 3

KBSKTR_2013-05-25_003

KBSKTR_2013-05-25_014

KBSKTR_2013-05-25_013

さらにハードな被写体相手です。レンズ云々以前に、ボディがへこたれて、動きの止まったところしか
まともに撮れない・・・(^_^;)

KBSKTR_2013-05-25_025

KBSKTR_2013-05-25_010

KBSKTR_2013-05-25_023

以上 NEX-7 + 60mm F2.8 DN

このレンズは、それなりに優秀だと思います。

by kv492 | 2013-06-09 00:00 | Minolta/Sony
2013年 05月 30日

NEX-7 街歩きセット - 60mm F2.8 DN - 2

_DSC8221

_DSC8222

_DSC8245

ちょっと前になりますが、三社祭のひとこまです。
レンズのせいではないですが、このくらいの緩い動きものでも、歩留まりは良くないですね。動体予測が
まともにできないコントラストAFの限界。街撮りとはいえ、これでは、ちょっとつらいです。
NEX-7の後継機は、位相差AFつけてもらわないと・・・。

_DSC8282

_DSC8283

以上 NEX-7 + 60mm F2.8 DN

by kv492 | 2013-05-30 00:00 | Minolta/Sony
2013年 05月 27日

NEX-7 街歩きセット - 60mm F2.8 DN

a0062758_2382969.jpg

シグマの 60mm F2.8 DN Eマウント用をゲットしました。
街歩きや旅行の際は、(135判換算)35mm+50mm+中望遠のセットをメインに(街のサイズによって21mmくらいの超広角と135mmまたは200mmを追加)、30年来やってましたが、E50mmでは、中望遠としては短いのが、Eマウントの悩ましところでした。これでようやく、基本セットになりました。

_DSC8147

_DSC8156

_DSC8165

_DSC8174

まずは軽く試運転です。

つづく

by kv492 | 2013-05-27 00:00 | Minolta/Sony
2013年 02月 11日

NEX-7 & Elmar-M 90mm

NEX-7は、専用レンズでしか撮ってませんでしたが、試しにとライカM用レンズをつけてみました。
Elmar-M 90mm F4、トリプレットのやつです。

NEX-7_2013-02_025

NEX-7_2013-02_026

NEXシリーズも含め、いわゆる「ミラーレス機」用のレンズは、価格のわりには、とか、小さいわりには、
とか、何かしらのエクスキューズ付きでしか誉められないものがほとんどですね。
それでも、決め球になりそうなものはいくつかあって、NEXシリーズでは、SONNAR 24mm F1.8 が
文句なし、このところ使い続けている 35mm F1.8 がなかなかのものです(10-18mm も期待できそう
ですね)。となると、さびしいのが望遠。50mm F1.8 では、役者不足のうえ、もう少し望遠であってほしい
ところ。で、しょうがないなとライカM用レンズの出番です。

NEX-7_2013-02_027

NEX-7_2013-02_028

結果のほどは、こんな感じです。

NEX-7_2013-02_029

NEX-7_2013-02_030

フィルムのMやM8、M9でさんざん使ってきたものなので、レンズよりむしろNEX-7の実力の方を感じた
次第です。

by kv492 | 2013-02-11 23:55 | Minolta/Sony
2012年 12月 31日

篭原2

_DSC6896_DxO

_DSC6902_DxO

_DSC6899_DxO

内陸部の工場というと、直方体の建屋がでーんとあるだけってのが普通ですので、このめかめかしくて高い煙突があものは異形な感じがします。秩父セメント(現 太平洋セメント)のお膝元ってわけですね。

_DSC6909_DxO

_DSC6912_DxO

このあたりも、北関東なのだなあと(だんべえ言葉ですし)思った次第。熊谷の人に怒られそうですが・・(^_^;)。

by kv492 | 2012-12-31 22:36 | Minolta/Sony
2012年 12月 29日

篭原

_DSC6854_DxO

readymade_ayu さんが、熊谷市の篭原まで、神様の降臨を迎えに来られたおり、ご一緒させていただきました。
近くなのに、この駅で降りたのは10何年かぶり、だいぶ変貌していました。

_DSC6863_DxO

休日、自転車預かり所に自転車がほとんどないところをみると、東京方面への通勤者のベッドタウン(死語?)となっているようですね。

_DSC6867_DxO

_DSC6868_DxO

_DSC6878_DxO

_DSC6887

人が住んでいるのかな、というくらいに静か。歩行者もほとんどいません。
うちのあたりも同じですが・・・。

_DSC6891_DxO

_DSC6894_DxO

神様の降臨される神殿を後に、城砦(^.^)へ。

写真・カメラ

by kv492 | 2012-12-29 23:55 | Minolta/Sony
2012年 12月 25日

E 35mm F1.8 OSS

また後でのひとつめは E 35mm F1.8 OSS です。

_DSC7071

_DSC7073

フォトキナで発表のあった Planar 32mm が控えているので、それまでのつなぎになってしまうだろうなと、手がだせずにいましたが、なかなかどうして。

_DSC7074

_DSC7076

フルサイズ一眼レフ用 50mm F1.4 クラスの定価ですから、良くて当たり前なんでしょうね。シグマの 30mm もコストパフォーマンスが良いですが、格の差があるように感じられます。

_DSC7085

(NEX-7, E 35mm F1.8 OSS)

Planar 32mm がでたら、どうしようか・・・。まあ、それはその時ということで(^_^;)

写真・カメラ

by kv492 | 2012-12-25 23:55 | Minolta/Sony
2012年 12月 24日

三連休

年末の三連休。とにかくゆっくり休みました。

_DSC6934_DxO

_DSC6941_DxO

_DSC6949_DxO

_DSC6950_DxO

(以上 NEX-7, 30mm F2.8 EX DN)

シグマのEマウント用 30mm F2.8 レンズ、実売2万円以下ながら、よく写りますね。
コストバフォーマンス抜群(^.^)、ですが・・・・

_DSC6999_DxO

(こちらが、あの方との撮影行に間に合っていれば・・・)
詳しくはまた。

_DSC7005_DxO

みなさん、メリー・クリスマス。

写真・カメラ

by kv492 | 2012-12-24 23:55 | Minolta/Sony
2012年 09月 02日

DxO Optics Pro が DSC-RX100 に対応

8/29 にリリースされた、DxO Optics Pro の最新版 V7.5.4 が、DSC-RX100 に対応しました。
Lightroom V4 も、DSC-RX100 対応予定ですが、まだ Release candidate レベルなので、有名どころの汎用RAW現像ソフトでは、DxO Optics Proが一番乗りでしょう。

さっそく

_DSC0505_DxO-(correct distortion)

_DSC0489_DxO-(color)

_DSC0487_DxO-(correct distortion)

以上 DSC-RX100。
DxO Optics Pro V7.5.4 で現像。TIFF出力をPhotoshopでSmart Sharp処理し、JPEG化。

今までは、ソニー純正の Image Data Converter V.4 でしか現像できませんでした。このソフトは最低限の機能しかなく、パフォーマンスもミゼラブルな代物なので、DxO Optics Pro による対応は朗報です。

_DSC0489_DxO-(T-MAX100)
(現像時に、DxO FilmPack で、KODAK T-MAX100 をシミュレート)

操作性や調整のアビリティは格段に優れてますし、仕上がりもまずまず以上と思います。

常用している Capture One の対応も期待されますね。

レンズ歪曲補正をはずすと・・・

by kv492 | 2012-09-02 22:04 | Minolta/Sony
2012年 07月 02日

DSC-RX100

長らくごぶさたしており、申し訳ありませんました。
私用でバタバタし続けていて、イベント以外はほとんど撮る余裕がなかったのですが、ようやくぽつぽつと再始動し始めました。

_DSC0319
(DSC-RX100)

RX100は、ポケットに忍ばせるスナップ専用カメラとして購入しました。この用途では、できる限りレンズ鏡筒の出っ張りが少なくて、レンズ・キャップのないものが理想。いわゆるコンデジはたいていそうですが、レスポンスや撮影機能、画質で納得のいくのはGRDくらいというのが実情でした。

_DSC0109
(DSC-RX100)
_DSC0298
(DSC-RX100)

ダイナミックレンジや解像感は、コンデジもずいぶんと良くなってきましたが、どうしてもDSLRなどに及ばないのが、微妙な色の変化の描写。要は色深度が浅いということですね。子供の写生か塗り絵みたいになってしまう。
DSC-RX100は、それがいい線行っているように感じられます。

_DSC0056
(DSC-RX100)
_DSC0321
(DSC-RX100)

解像感などはシャープネスのかけ方次第で見栄え良くできますが、色深度の浅さは画像処理ではどうにも救済しづらいので、この特質はありがたいです。

SOU_2011-06-24_155
(DSC-RX100)

1インチセンサーのカメラは、Nikon 1 もそうですが、DSLRのボトムラインくらいには色深度があるようなので、うまく撮ればかなりの仕上がりになりそうです。その半分のサイズのセンサーを積んだ富士のX10は、どんな作例を見ても、微妙な色の変化の描写が弱く、やっぱりコンデジだなあと感じられるので、現状では、1インチセンサーが、画質のグレードを分ける境界線になるのかなあと思います。

by kv492 | 2012-07-02 09:39 | Minolta/Sony