2013年 08月 27日

Touit 1.8/32 その2

Touit 1.8/32 続きです。

_DSF0066

_DSF0054

_DSF0901

_DSF0905

樽型の歪曲が、気になるシーンが出てくる程度にはあります。ちょっと残念なところです。

_DSF0965

_DSF0976

(以上 X-E1 + Touit 1.8/32)

つづく

by kv492 | 2013-08-27 23:43 | その他のメーカー | Comments(4)
Commented by NeoN at 2013-09-04 23:01 x
富士のカメラは、色がいいですね。
ミラーレスのレンズは、どことなく深みが感じられずに敬遠しているのですが、富士のカメラの色の良さには食指を動かされます。
Commented by kv492 at 2013-09-07 08:40
>NeoNさん、こんにちは。
おっしゃられる通りですね。ミラーレスのレンズは、数値性能が価格に対して良いというものが大部分で、描写性能とかを云々するレベルのものはごくわずかのように思います。
X-E1は、RAW現像でも、Capture Oneを使った場合は、カメラのJPEG出力にも通じるいい色の出方になりますね。付属のSILKYPIXだと??ですが。
Commented by readymade_ayu at 2013-09-14 08:03
1枚目の黄色と赤のアクセントが偶然にせよすごいですね。
カメラの事はわかならいのですが、私にはよく見えます。
どんなにカメラが良くても、この偶然に出会うか出会わないかが
カギかと思います。
(と、自分に言い聞かせる)
Commented by kv492 at 2013-09-15 22:26
>ayuさん、こんばんは。
なるほど、言われてみれば。というか、おっしゃられるようにこれは偶然なのですが、
何かこの一角が鮮明に見えたような気がしたのですね。それでパチリと。
ごくたまにですが、こういう時ってありますね。たぶん、写真の神様がお撮りなさいと
言ってくれているのだろう(^.^)と思ってます。
次はいつになるのだろうかと・・・。


<< マリア・カラス、パリに死す      Touit 1.8/32 その1 >>